• 2021年度 / 事業報告
  • 2021年度 
  • 郡上青年会議所2018年度事業報告
  •  事業報告

9月例会


9月5日に9月例会として岐阜ブロック協議会の集大成ともいえる岐阜ブロック大会2021に参加しました。
緊急事態宣言を受けてwebでの開催となりましたが、この例会を通し、学んだことを今後の事業を企画するうえで参考にしていきたいと思います。
また、岐阜県内の今まで知らなかった魅力も感じることのできるブロック大会でした。

8月例会


8月25日(水)8月例会をWeb上で行いました。講師として松本公認会計事務所の松本宜久氏をお呼びし、「新しい時代の組織とリーダー像」と題し、ご講演をいただきました。講師から伺った未来予測との大きな差にどう対応するか、私たちになにができるか頭を悩ませました。質疑応答を交え、夢を叶えるための組織づくりや組織運営のノウハウについて学びました。講師より小さくてもやりたいことをやる事から始めて下さいと背中を押していただき、それぞれが抱えることに向き合う良い機会になりました。


 

川を学ぶ講座


7月24日(土)郡上市内の長良川にて7月例会「川を学ぶ講座」を郡上里山㈱の興膳氏を講師に迎え開催しました。本来ならば、郡上の子供たちを大勢集めて開催したいところでしたが、新型コロナ感染拡大予防の為、郡上青年会議所メンバーのみで開催しました。近年の川遊びの常識(ライフジャケット着用等)を大変分かり易く教えていただきました。また、この事業と並行して郡上青年会議所では「郡上の川遊びマップ」を3,100部作成し、市内の全小中学校へ配布しました。郡上を南北に流れる長良川を中心に、郡上高校&郡上北高校の生徒達に普段遊んでいる場所や昔遊んだ場所を紹介してもらいA2サイズのマップにしました。また、川遊びの注意点も詳細に紹介しましたので、安全に楽しく川に親しんでもらえたらと思います。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

7月例会


7月9日(金)に覇楼館にて7月臨時総会を開催いたしました。第1号議案、第2号議案ともに可決され次年度の役員が決まりました。また、新入会員のバッヂ授与式も滞りなく行うことができました。2022年度は原理事長予定者のもと郡上青年会議所の運動を行って参ります。OB会会長 谷沢周作先輩をはじめといたしますOB会の方々も、ご出席いただきありがとうございました。

資質向上委員会担当例会


6月25日に資質向上委員会担当例会を開催しました。本例会では、株式会社サツキライフクリエイション 代表 水野琢朗氏をお招きし、私たち青年経済人に必要な身だしなみのマナーについてご講演頂きました。初めて知る知識やマナーもあり、学びの多い例会とすることができました。
資質向上委員会 委員長 古川昌樹

5月例会


5月26日に5月例会を開催しました。来年度以降に「わんぱく相撲郡上場所」を開催出来るよう、様々な少年スポーツ団体の皆さまとの情報交換や郡上市における相撲競技の歴史を学ぶweb例会を行いました。またこの事業の一環として、コロナ渦でも頑張っている市内少年スポーツ団体を紹介するパンフレットを郡上市少年スポーツ団体連絡協議会様の協力で3,100部製作しました。今後、市内の小中学生1人1人に届けられる予定です。情報交換会に参加していただいた郡上市相撲連盟様をはじめ、様々なスポーツ団体の皆さま。ありがとうございました。

4月例会


4月8日に美濃青年会議所様と合同で会員拡大委員会担当の4月例会を開催しました。
本例会では小田原青年会議所OBの上田博和先輩をお招きし、会員拡大へ向けた心構はもちろん、企業人としての体験談などご講演いただき、我々の心を熱くしていただきました!
また、合同例会を実施させていただきました美濃青年会議所様。誠にありがとうございました。
会員拡大委員会
委員長 伊藤昌記

3月例会


3月10日3月例会を行いました。
3月例会では、岐阜県中濃地区にある青年会議所5LOM(中青会)が一堂にZOOM上に集まり講師のお話を聞きました。まちづくりやその人材についてご講演頂き、JC活動や社業にも生かせるお話を参加者全員で共有することができました。設営いただいた美濃加茂青年会議所様ありがとうございました。
資質向上委員会 委員長 古川昌樹

2月例会


2月17日に2月例会を行いました。
岐阜ブロック協議会より柳会長、柴田運営専務にご参加頂きました。柳会長より、今年の岐阜ブロック協議会の方針や運動について、またご自身のJCへの思いをお話しいただきました。誠にありがとうございました。
また、郡上JC現役メンバーであり出向経験者による出向報告会を行いました。講師3名が得た学びをメンバー一同共有する事ができました。
柳会長と講師3名にお話いただいた内容から得られる学びが多くあり、参加メンバー一同有意義な時間となりました。
資質向上委員会 委員長 古川昌樹

1月定時総会・例会


1月16日(土)に1月定時総会・例会をWEBにて開催いたしました。
2021年度スローガン『革新』〜新たな一歩が未来につながる郡上をつくる〜を掲げ、寺田理事長のもと郡上青年会議所の運動を行って参ります。
OB会会長 谷沢周作先輩にはご出席いただきありがとうございました。
また、多くの方々から御祝電を賜り、誠にありがとうございました。

郡上青年会議所の2021年度の運動がスタート


郡上青年会議所の2021年度の運動がスタートしました。1/4に一年の安全と事業の成功を祈願するため、長滝白山神社へ初詣に行ってきました。
本年もよろしくお願いします。
総務委員会 委員長 古川昌樹

オンラインあそび!わらべうた


WEB上で行える例会『オンラインあそび!わらべうた』を10月31日(土)に行いました。 最初にZoomで遊ぶ【オンラインあそび】を二つ行いました。質問で出題者が思い浮かべているモノを当てる「ものあてゲーム」と、読み札に合った取り札を取りビデオに写し、札を獲得していく「郡上かるたゲーム」を行いました。遊んで楽しみながら想像力つける事ができました。次にZoom を使用し、井上博斗氏の【わらべうた】を行いました。 郡上のわらべうたを歌ったり、手や体を使った遊びをみんなで、歌詞や節を通して、地域に伝わる様々な風土や文化を楽しみました。参加された方は、郡上の娯楽文化を通して、楽しみながら愛着心と想像力を育てるきっかけを作る事ができました。 最後にこの事業開催にあたりご支援いただきました関係者の皆様、ご参加いただいた皆様のご協力により、無事終えることができました。ありがとうございました。今後とも郡上青年会議所をよろしくお願いいたします。

9月例会


郡上青年会議所では、9月例会として、地元郡上市でご活躍されている、有限会社EAT&LIVE 水口 昌様株式会社アプト 瀬木 大輔様有限会社KEIZ 上村 大輔様3名をお招きしご講演いただきました。講師の皆さんからは、事業展開や地域の課題など様々な内容をお話しいただきました。『これまでの繋がりを改めてどうしていくのか』『事業を通してどう地域と関わっていけるのか』『コロナ渦で必要とされる事されない事』『グローバル化進んだからこそローカル化の重要性』等々今後の参考になる貴重な話を聞くことが出来ました。郡上青年会議所としては、本日のお話を参考に、これからも地域に根差した価値ある存在として活動を行いたいと思います

ドローンで学ぶ未来のまちづくり


8月23日(日)にオンライン授業:「ドローンで学ぶ未来のまちづくり」と題しまして、少子高齢化が進行していく中、住みよい社会を実現していくためにはテクノロジーの活用が今後のまちづくりにおいて重要となるという観点から、郡上市内の小学生3~6年生を対象にZOOMアプリを使用したオンライン授業を開催しました。授業としては「現在ドローンがどのようなことに活用されているのか」、「将来はどのように活用されて未来のまちが便利になっていくのか」、「ドローンの操作の仕方やプログラミングでどうやってドローンが動くのか」、「ドローンレースはどのように行われるのか」という内容で行いました。また、クイズや質問タイム、グループで感想を話しあってもらい代表者に発表してもらうなど、ZOOMの機能を活かした内容も盛り込むことができました。今回は新型コロナウイルス対策ということで、一般の参加者を募集する場合では初のオンライン例会となりました。興味を持って授業を受ける子供たちの顔や、積極的に質問・発言をする姿を見ることができ、開催側としても励みになりました。子どもたちが住みよい社会を実現するような技術に少しでも興味を持っていただけたなら幸いです。最後にこの事業開催にあたりご支援いただきました関係者の皆様、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。今後とも郡上青年会議所をよろしくお願いいたします。まちづくり委員会 委員長 三嶋寛之
 

6月例会


一般社団法人郡上青年会議所では、例年6月例会として、東海地区の事業である「とうかい号」の出向・帰港式への参加をしております。しかし、本年は新型コロナウイルスの影響により、「とうかい号」事業が中止となりました。そのため、「とうかい号」の勉強をする例会へ切り替え、OBの先輩方や現役の「とうかい号」乗船経験者から話をwebにてメンバーにしていただきました。「とうかい号」の各委員会の基本情報から経験で得られた学びを大いに語っていただき、未乗船者は今後の「とうかい号」へ参加した時により良い経験が出来るようになり、乗船経験者は「とうかい号」で得た経験を振り返っていただけました。今回の例会で現代の新たな生活様式に郡上青年会議所としても対応できつつあります。
 

みんなで作ろう! 新型コロナウイルス対策 標語 結果発表


 5月8日〜5月31日の間に行いました「みんなで作ろう!新型コロナウイルス対策標語大募集!!」の結果発表を致します。 
 
 

結果発表

  

GJ8マン賞

 

大和西小学校 3年生 田中 佑篤くん
「手あらい みんなもまもって コロナにかとう」

 

その他、様々な応募を頂きましたのでご紹介させて頂きます。
 
「いってきマスク  ただいま手あらい  ぐちゅぐちゅぺ」 

 

「おいしゃさん  みんなをまもって  がんばって」

 

 「マスクは世界みんなのエチケット!さあ、みんな。三密さけてNOコロナ!」

 

 「手洗い うがい 三密回避で コロナに勝つ!」

 

 「マスクをつけて 手洗い うがいしてきてね」

 

「ワクワク手洗い みんなニコニコ」

 

「コロナウイルスと戦っているお医者さん・看護婦さん 私たちのヒーロー」

 

「マスクをしよう!みんなでコロナと戦おう!」

 

ご応募ありがとうございました。

2月例会 岐阜会議


2月1日(土)に、2月例会として、岐阜市都ホテルにて開催されました岐阜会議に参加してまいりました。
岐阜会議では、岐阜県の青年会議所メンバーが一堂に会し、岐阜県全体のメンバーで、より良い社会の実現に向け、本年度の岐阜ブロックとしての活動方針の共有を行いました。
また、本年度は、突然の災害に備え岐阜県内17のロムが締結する防災協定をより理解する為に、講師を招き、1時間のセミナーと、その後の質疑応答などにより、災害ボランティアセンターの運用の実際を学び、防災意識の向上を図りました。
今後、実際に災害が発生した際は、今回の学びを生かした活動を展開していきたいと考えます。
 

1月例会


定時総会に引き続き、1月例会を開催させていただきました。例会中には各委員会の熱いPRなど執り行われました。
総会の雰囲気とはガラリと変わり、御来賓や郡上青年会議所OBの先輩方、そしてこの例会の為に遠方より駆けつけてくださった一般社団法人志摩青年会議所の方々とお酒を酌み交わしながら和やかな雰囲気の中で意見交換をして親睦を深めました。
 

1月定時総会


1月23日(木)ホテル郡上八幡にて1月定時総会を開催いたしました。日置敏明市長をはじめとします多くの御来賓の方々にもご参加いただいた中で、事業報告や決算報告、そして本年度第45代理事長を務めます尾藤望君より力強い所信表明をさせていただきました。
本年度のスローガン 一輝笑千〜それぞれが輝く持続可能な地域の創造〜 を掲げ2020年度が本格的にスタートしました。
 

郡上市長 日置 敏明様に新年のご挨拶


1月20日(月)
郡上市長 日置 敏明 様に新年のご挨拶に伺いました。
2020年度に計画している主な事業のご説明と、
6月の『とうかい号』へ郡上市役所様から1名乗船していただける
運びとなりました事へのお礼をせていただきました。

日本青年会議所 京都会議


1/17(金)〜19(日)に日本青年会議所による京都会議が国立京都国際会館にて開催され、郡上JCから理事長を含め9人で参加してきました。
今年の開催テーマは「アップデート」ということで、先入観にとらわれない、新たなものの見方を学ぶことで『すべての人びとが、笑顔と生きがいを持てる国、日本の創造』に向けた起点となる京都会議でした。
会議では日本の会頭の演説や総会が執り行われた他、多くの講演やセミナーが開催され修練の場にもなりました。
19日夜の志摩JCとの合同懇親会ではお酒を酌み交わしながら意見交換をし、友情を育みました!
 

一般社団法人志摩青年会議所の賀詞交換会


1月11日(土)
姉妹LOMである一般社団法人志摩青年会議所の賀詞交換会に参加してきました。
第32代 理事長 太田幸吉君によるスローガン『万里一空〜一人ひとりの行動から笑顔溢れるまちの未来を切り拓こう〜』の力強い発表がありました。
また、昨年、防災協定を締結した浜名湖をはじめ、他のLOMメンバーとも交流させていただきました。大変刺激となる賀詞交換会となりました。
 

六日祭り


 1月6日に長滝白山神社にて開催された六日祭りに参加しました。
2020年度郡上青年会議所運動の成功と安全祈願のために参拝した後に「花奪い」に参加しました。
「花奪い」とは、拝殿の高さ6mの天井に吊るされた5つの大きな花笠を人やぐらを組んで奪い合うというもので、この花を持ち帰ると縁起が良いといわれています。
郡上青年会議所でも毎年この「花奪い」に参加しており、今年も花笠を獲ることができました。
観光協会さんの餅投げイベントのお手伝いもさせていただき地域の方や観光で訪れた方との交流の機会ともなりました。