HOME > 委員会 > 白山開山1300年祭支援委員会

白山開山1300年祭支援委員会 

実行委員長 西脇 将洋
総括幹事  河合 厚典
運営幹事  簱 哲朗
委  員  宮田 貴資  原 明広 
      南波 昌樹  和田 耕太 
      田中 康久  日置 暁将
      和田 悦司  古川 昌樹 
      小林 久人  可児 優

<基本方針>
 古来より岐阜・石川・福井3県にまたがる白山から流れ出る豊富な水により、ふもとに暮らす人々はその恵みを享受してきました。このため、郡上においても長良川流域に暮らす人々にとって白山は暮らしを支える源として畏敬の念と崇拝の対象とされてきました。
2017年は奈良時代の僧侶泰澄(たいちょう)が717年に白山を登拝する山として開山してから1300年の節目の年を迎えます。この開山をきっかけとして、白山は自然崇拝の対象から神仏習合に彩られた聖地となり、その後の郡上の歴史・文化、そして生活の中に大きく関わりをもってきました。
 郡上市においてはこの節目となる年に、1300年の悠久の歴史を見つめなおし、白山の自然とそこで育まれた文化を若い世代へ継承するとともに、環白山地域間の交流・連携を通じ、まちづくりの基本理念への理解が深まるよう、様々な事業を推進していくことが決まっております。その中の一つの事業として「白山開山1300年祭メインイベント」が郡上市内の青年団体及び青年有志で結成された実行委員会の下開催されます。
 郡上青年会議所においても実行委員会の一員として活動することで、私たち自身が白山の自然と文化を再認識し次世代へ継承していくこと、また郡上市内外の青年団体との協働・交流を通じて今後の郡上市のまちづくりへの思いをさらに深めていきます。
 白山開山1300年を迎える本年に巡りあえたことは偶然であります。しかし、その偶然にどう向き合うかが重要となります。この機会を大切にし、できる限りの力で取り組む、まさしく「一期一会」の精神で向き合ってまいります。1年間どうぞよろしくお願いします。

事業名称 実施日 実施場所 事業目的 
7月例会 7月29日 郡上市白鳥町長滝 白山の自然と文化の再認識・継承をする
他団体との協働を行う
白山開山 1300年祭メインイベント支援 通年 主に郡上市内 白山開山1300年祭メインイベント実行委員会への支援を行う